山村別館便り

長門市湯本温泉周辺の情報、
   旅館の事、日々の事をお伝えしていきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

兎男の大河ドラマ「花燃ゆ」ブログ〜第6話〜

こんばんは。

小学生の時、修学旅行出発直前に両腕を骨折してしまって、楽しみにしていたスペースワールドでのジェットコースターに乗れず仕舞いだったのが、先月の社員研修旅行で12年越しにスペースワールドのジェットコースターに乗れ、雪辱を晴らすことができた兎男です。

さて、大河ドラマ「花燃ゆ」ですが........

久坂玄瑞が長州藩の若きリーダー(当時22〜24歳)となり、躍進していく様から、攘夷決行、そして八月十八日の政変、と歴史の渦に吞まれていきます。

明日6月21日放送では、池田屋事件が発生し、塾生の吉田稔麿が非業の死を遂げ、後の禁門の変、久坂や入江たち他の塾生の死へと繋がっていきます。

大河ドラマ「花燃ゆ」もそろそろ中盤に差し掛かっており、夫を失った文が激動の明治維新
をどう生き抜いていくのか.............

いや〜今後も大河ドラマ「花燃ゆ」から目が離せないですね〜。

ちなみに兎男の両腕の骨折が発覚したのは骨折してから二日後です。骨折当日は一本だと思っていたのですが、2日後に病院に行くと、もう片方も折れていたと診断されました。
 
おすすめプラン≫   おすすめプラン≫

ランキングに参加しています。

兎男シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

兎男の大河ドラマ「花燃ゆ」ブログ〜第5話〜

こんばんは。

先日、住んでるアパートのエレベーターの隙間に自宅の鍵を落として日が変わるまで部屋に入れなかった兎男です。

さて、大河ドラマ「花燃ゆ」ですが...................

松陰が死んでしまいましたね。伊勢谷さんの松陰は好きだったのでもう見れないと思うと残念です。

江戸幕府大老に物怖じせず意見を述べ、静かに刑死していく様は見事だったと思います。

ただ、個人的には井伊との白熱した議論にもう少し時間をかけて欲しかったと思ってますね。それだけ高橋英樹さん演じる井伊直弼との議論のシーンが印象に残っています。

いや〜今後の大河ドラマの展開も気になりますし、萩市の反射炉などが含まれる世界遺産候補「九州・山口の近代化産業遺産群」の世界遺産登録勧告が行われましたので、これからも大河ドラマ「花燃ゆ」と山口県から目が離せないですね。

ちなみに兎男は実家に、住んでるアパートの部屋の鍵を忘れて入れなかったこともあります。常習犯です












 
おすすめプラン≫   おすすめプラン≫

ランキングに参加しています。

兎男シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

兎男の大河ドラマ「花燃ゆ」ブログ〜第4話〜

こんばんは。

猫背な兎男です。

さて、大河ドラマ「花燃ゆ」ですが...................

ついに安政の大獄が始まってしまいました。

高橋英樹さん演じる井伊直弼が様になっていて見ていて安心します。大河ドラマの常連はやはり違いますね。

簡単な概要としては、井伊直弼主導の幕政を批判していた、梅田雲浜、橋本左内、そして我らが寅兄、吉田松陰など

過激攘夷派が処刑、投獄されたり、徳川斉昭、松平春嶽など反井伊派の大名を失脚させた弾圧行為です。

井伊直弼が国を守る為に行ったこの弾圧行為が、松下村塾塾生を始めとした攘夷志士達や、

長州、薩摩などの雄藩の藩主達をを奮い立たせ、幕府崩壊を加速させたことは歴史の皮肉です。

そして伊勢谷友介さん演じる吉田松陰がどういった最期を迎えるか、その死が塾生、友、そして家族に何をもたらすのか....

いや〜本当に

今後も大河ドラマ「花燃ゆ」から目が離せないですね。

個人的には大河ドラマ名物「桜田門外の変」雪の中の襲撃を高橋英樹さんがどう演じるのかが見どころですね。

ちなみに前日のブログでも告知している通り、明日4月18日(土)はまだまだ宿泊予約受付中です。

大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台、山口に是非ともお越しくださいませ。




ちなみに猫背の兎男は哺乳類全般が苦手です。犬も猫も兎も怖くて触れません。
 
おすすめプラン≫   おすすめプラン≫

ランキングに参加しています。

兎男シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

兎男の大河ドラマ「花燃ゆ」ブログ〜第3話〜

こんばんは。

先日、DVDレンタルショップの自動ドアに2度入店を拒まれた兎男です。

さて、大河ドラマ「花燃ゆ」ですが、...........

高杉晋作(高良健吾さん)が登場し、主要キャストが勢揃いしました。

いや〜寅次郎(松陰)役の伊勢谷友介さんの演技も好きですが、晋作役の高良健吾さんもいいですね〜。

もう視聴率なんて関係ないですね。本当に。

統計上、この時期の大河ドラマは基本的に視聴率が落ちているんですよね。例外でいえば2008年の「篤姫」ぐらいでしょうか。

ただ、今後の「花燃ゆ」は前半だけでも..........※ネタバレ注意





















安政の大獄での寅次郎の刑死、松下村塾塾生の攘夷・倒幕運動、吉田稔麿そして久坂玄瑞の死.......

と、挙げれば切りがないほど見どころがありますので、大河ドラマ「花燃ゆ」を是非見てください!


さて、兎男は先日「花燃ゆ」主人公文の姉、寿と、その夫 小田村伊之助(楫取素彦)が

明治維新後、居を構えた桜楓山荘に行ってきました。

                                        
                                       

楫取素彦・寿夫婦が住んでいた当時の館はもう無くなってはいますが、当時の石垣が現存しています。
                                       
                                        

                                       

柵を開けて中に入ると、一息つけそうなベンチや、桜楓山荘の案内など綺麗に整備されています。

桜の季節にはピクニックに行くのもいいかもしれませんね。

それでは今後とも山村別館、大河ドラマ「花燃ゆ」、そして兎男をよろしくお願いします。





ちなみに兎男は桜の季節に一緒にピクニックに行ってくれる文のような女性を探し求めています。

はよう春になってつかぁさい。

JUGEMテーマ:趣味
 
おすすめプラン≫   おすすめプラン≫

ランキングに参加しています。

兎男シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

兎男の大河ドラマ「花燃ゆ」ブログ〜第2話〜

こんばんわ。

先日、会社の上司が寝違えて大変そうにしているのを他人事のように見ていたら、翌日寝違えた兎男です。すいませんでした。

........さて、大河ドラマ「花燃ゆ」ですが、

..........視聴率で苦戦しているみたいですね。

個人的に面白いと思っているだけに残念です。

メインキャストでみれば、2008年大ヒットした大河ドラマ「篤姫」を彷彿とさせるようなキャストなんですね。
例    北大路欣也さん、長塚京三さん(篤姫時も主人公の父親役)、高橋英樹さん、原田泰造さん、など

あと2009年のNHKドラマ「白洲次郎」を意識したキャストにも見えますね。
例   伊勢谷友介さん、奥田瑛二さん(白洲次郎時は伊勢谷さんの実父役、今回は育ての親役)、高良健吾さん、など

どちらとも評価の高いドラマだったので、今後の展開しだいでは「花燃ゆ」も期待大ですね。

個人的には吉田寅次郎(松陰)役の、伊勢谷友介さんが特にいい味だしていて応援してます。寅兄(とらにい)かっこいです。


それでは山村別館の話に切り替えます。

                         

                                                                     じゃじゃ〜〜〜〜〜〜ん

                          

                                                                   じゃじゃじゃ〜〜〜〜〜〜〜ん


山村別館では、この度「大河ドラマコーナー」を設置しました。兎男も微力ながらコーナーの設置に参加させて頂きました。 

メインとなっている萩、長門、防府関連のパンフレットや冊子等そろえておりますので、

ご来館の際はぜひ足を止めて、この「大河ドラマコーナー」をご覧くださいませ。

大河ドラマ「花燃ゆ」の方もそろそろ吉田寅次郎(松陰)が松下村塾で熱弁をふるう時が来るかと思いますので

今後とも、山村別館、大河ドラマ「花燃ゆ」、そして兎男、

いや、寅兄(とらにい)もとい兎兄(うさにい)をよろしくお願いします。


ちなみに兎男は大河ドラマが好きでセリフを日常でも使ってしまいます。※例  兎兄(うさにい)許してつかあさい。

JUGEMテーマ:趣味
 
おすすめプラン≫   おすすめプラン≫

ランキングに参加しています。

兎男シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

兎男の大河ドラマ「花燃ゆ」ブログ

こんばんわ。  

2年ぶりにブログの更新をします。兎男です。

兎男は歴史とデジタルガジェットをこよなく愛していますので、主にそういった方面の更新になると思います。

さて、
                                     

遂に始まりました!2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」です。

兎男は小学生の頃からずっと大河ドラマを見てきたので、今年の「花燃ゆ」も全話視聴の予定です。

意外にも幕末の長州藩を描いた大河ドラマは数が少なく、

1977年、大村益次郎を描いた「花神」以来38年ぶり2作目になります。以外ですね。

幕末・明治ものの大河ドラマとしては2013年「八重の桜」以来2年ぶりになります。

女性が主人公・ほとんど無名     など色々と被る所があるので比較対象されると思います。

さて、兎男も「花燃ゆ」第一話「人むすぶ妹」を視聴しました。

正直にいうと去年の大河ドラマ「軍師官兵衛」が面白すぎて大丈夫かな?と思っていました。
















いや〜面白い。


3回も見直してしまいました。(実話)  こんなに見直したドラマは初めてですね。

吉田寅次郎(松陰)役の伊勢谷友介さんを始め、

毛利敬親役の北大路欣也さん、玉木文之進役の奥田瑛二さんなど、役者さんの演技もよかったです。

中身も何度見ても見ごたえのある第一話だったと兎男は思います。

こんな感じでブログの更新をしていくので、

今後とも、山村別館、大河ドラマ「花燃ゆ」、そして兎男をよろしくお願いします。




ちなみに兎男はひつじ年です。年男です。

JUGEMテーマ:趣味
 
おすすめプラン≫   おすすめプラン≫

ランキングに参加しています。

兎男シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE